西荻北眼科|白内障・緑内障・黄斑変性・糖尿病性網膜症など|西荻窪駅北口|

西荻北眼科からのお知らせ

幼児の視力の発達<6歳では遅すぎる!>

幼児の視力発達には5歳までの視覚環境が重要です。もし、目の異常があったら早期発見・早期治療が必要で、「3歳児健診」が大変大事です。

新生児の目の大きさは小さいですが成人と同じ構造をしています。しかし、視力や両眼で同時に物を見る働きなどの機能(両眼視機能)は大変未熟で「幼児型視覚」と言います。成長とともに目を正しく使い、毎日物を見るという学習を繰り返しながら視機能が発達します。乳幼児の視覚は生後1年の間に極めて速く発達し、3歳で視力は1.0に達します。しかしながら、満5歳頃までは視覚が未熟で弱さが残り8歳頃にやっと大人並の視覚になります。特に、5歳までの視覚環境が視力発達に大変影響します。

この未熟な時期に視覚の発達を阻害するような因子(原因)は絶対に避けるべきです。特に低年齢であればあるほど「視覚発達阻害因子」の影響を受け易いと言われています。「視覚発達阻害因子」には「先天性白内障」、「先天性緑内障」、「斜視」、「強い遠視・乱視」などがあります。

先天性白内障:水晶体が生まれつき混濁して、瞳が白く濁っています。

先天性緑内障:黒目(角膜)が大きくなる場合、牛眼と言って先天性の緑内障が疑われます。

網膜芽細胞腫:瞳が猫の目の様に黄色く光る場合は、小児の癌の一種で網膜芽細胞腫が疑われます。

斜視:両眼の目の視線がずれている場合、斜視が疑われます。すぐに治療が必要な場合がありますので、直ちに診察を受けることをお勧めします。乳幼児の斜視は早期発見・早期治療が大事です。

弱視:特別な目の病気がないのに視力が育っていない目を弱視と言います。原因は斜視、遠視や乱視で起こりますし、先天性白内障や3歳までに片眼に長期間眼帯を行った場合などに起こる事があります。見た目は正常なので発見が遅れがちです。弱視も早期発見・早期治療が必要です。

y[W̐擪
Copyright (C) 2010 Nishiogikita Eye Clinic. All Rights Reserved.